WITTMANN ヴィットマン

ウィーン分離派の活躍の舞台となった、オーストリアを代表するブランド「ヴィットマン」は、100年以上前から職人の手仕事による伝統的な家具をつくり続けている名門。 1896年ルドルフ・ヴィットマンがオーストリアのエツドルフ地方で馬具製造業をはじめ、第2次世界大戦後、息子のフランツ・ヴィットマンとカール・ヴィットマンの手により世界的な家具ブランドに発展。鋳造、家具製作張りぐるみ、縫製、それぞれの工程すべてが古くから伝わる手法によってひとつひとつと職人の手により行われています。 ヴィットマン社が求めるのは、大量生産により安易に生み出されるものでなく個々のディティールにまでこだわり抜き、細部に至って計算されて仕上げられた「確固たる作品」。そのクオリティの高さは世界中で高く評価されています。 近年では、世界的に活躍する著名なデザイナーを起用して、「Physical Comfort = 肉体的な心地よさ」をテーマに掲げた家具を発表し、注目を集めています。オーストリアが誇る巨匠ヨーゼフ・ホフマンの過去の名作の復刻も手掛けています。

1896年ルドルフ・ヴィットマンがオーストリアのエツドルフ地方で馬具製造業をはじめ、第2次世界大戦後、息子のフランツ・ヴィットマンとカール・ヴィットマンの手により世界的な家具ブランドに発展。鋳造、家具製作張りぐるみ、縫製、それぞれの工程すべてが古くから伝わる手法によってひとつひとつと職人の手により行われています。

ヴィットマン社が求めるのは、大量生産により安易に生み出されるものでなく個々のディティールにまでこだわり抜き、細部に至って計算されて仕上げられた「確固たる作品」。そのクオリティの高さは世界中で高く評価されています。

近年では、世界的に活躍する著名なデザイナーを起用して、「Physical Comfort = 肉体的な心地よさ」をテーマに掲げた家具を発表し、注目を集めています。オーストリアが誇る巨匠ヨーゼフ・ホフマンの過去の名作の復刻も手掛けています。

Wittmann ハバナ 1P・オットマン セット

¥220,000価格
消費税込み
  • ●オーストリア製 WINTTMANN

    ●サイズ

    ・ソファ1掛け W750× D750× H680 シートH370   アームH:座面からH300  脚H90

    ・オットマン W520× D520× H370  脚高90

    ●材質張地 総革(コーン色)、アリニン仕上げ塗装

    ●特長

    オーストリアの高級メーカーWITTMANN ヴィットマンの総革張りソファ 、パオロ・ピーヴァの名作ハバナ。デザインされた美しいシルエットで独特の存在感を醸し出しているモダンなアイテムで、柔らかな本革を贅沢に使用していて丁寧な造形と調和した美しい仕上がりが魅力です。適度なクッション性をもたせたシートは座り心地も抜群。WITTMANNは、巨匠ヨーゼフ ホフマンの復刻と、最新のトレンドを意識したモダンな作品、商業性を意識しないアートスティックな独自のスタイルも展開しています。

    ●状態Condition

    アーム部、背面部に僅かなヨレはありますが、革の張りや座面背面は新品に近いキレイな状態が保たれていて、使用感は感じられません。

    ●購入上の注意

    購入後の交換や返品はできません。ご了承ください。